余裕を作るためのポイント

「心に余裕を持つこと」はいきなりは難しい!

男性が心の余裕を持つことは女性にモテることに直結していることがわかりました。しかしいきなり「心に余裕を持ちましょう」なんて言われてもなかなかぴんと来ませんよね。

そこで最初は「心に余裕がある」と装ってみるのはいかがでしょう。というのも、実際に心に余裕がある人の行動を真似していくことで、いつしか本当に心に余裕が生まれる…なんてこともあるからです。

それでは今回は、男性がモテる心の余裕をもつためのポイントをご紹介します!

その1 話の聞き上手になる

女性はおしゃべりが好き!という人も多いですよね。女性と仲良くなるにはお話をすることも必要不可欠。しかし、過去に「ちゃんと聞いてる?」なんて怒られた男性はいらっしゃいませんか?

興味のない話だったりオチのない話だったり…正直つまらない!と感じることもあるかもしれません。しかしそこは心を広く持って、どんな話でも受け止めてあげましょう。それに実は、モテる男性は話を聞くのが上手でもあるんですよ!

しっかりと話す女性の目を見て、相槌をうち「僕は君の話をきちんと聞いているよ」というアピールをするんです。そうすることで女性に「この人は私のことをちゃんと見てくれる人」だと認識されます。好感を持ってもらえるということなんですね。

逆に多くの男性がちゃんと女性の話を聞くことができなかったりするので、ここをしっかり押さえておけば周りの男性と自分とを差別化することができます。

また、特定の女性がいる場合はさり気なくその女性の話をしっかり聞くポーズをします。いわゆる特別扱いをしているよ、という雰囲気を出すことができます。ポイントはあくまでさり気なく…です。あからさまな場合は相手の女性が引いてしまうこともあるので要注意です。

その2 イライラ対策をする

人間ですから男女に関係なくイライラすることもありますよね。しかし、女性にとってイライラしている男性は「怖い」と恐怖を感じてしまうものです。

以前私をデートに誘ってくれた男性がたまたま入ったカフェで、店員さんの小さなミスをすごく怒っていたのです。その時「この人と付き合うといつか私もこんな風に怒られるのかも…」と思ったことを覚えています。その後その男性とは結局、付き合うことはおろか、疎遠になってしまいました。

たしかにイラっとするような場面だったとしても、ぐっとこらえるのが余裕を持っている証。ことさら付き合う前や付き合いはじめなどの初期には気を付けてください。一緒にいる女性を委縮させてしまうような怒りは表面に出さないようにしましょう。

「アンガーマネジメント」という言葉を知っていますか?自分の中に沸いた怒りを自分自身でコントロールする方法のことです。怒りを感じたらこっそり深呼吸してみたりすることで怒りを鎮めます。

自分のことをキレやすい、怒りっぽいと感じることがあればぜひ活用してみてください。

また、潜在意識を変えることで怒りを感じにくくなると、引き寄せの法則では言われています。

こちらも活用してみてください。

その3 細かい身だしなみを整えておく

一見関係なさそうに思える身だしなみと余裕ですが、実は大有り。見た目を整えることは自信をもつことに繋がります。きちんと服を着て、髪の毛をセットして、自分のことを少しでも「かっこいい」と思ってください。そうすることで自信が生まれます。

自信を持つことができれば、予定外のことが起きてもどっしりと構えることができますし、落ち着いて周りの人と付き合うことができます。その自信のある佇まい=余裕となるわけなんです。

「自分はモテない」と思うと本当にモテなくなってしまいます。爪を切ったりするだけでもいいんです。細かいところまで気を付けているという事実があなたの味方になってくれます。

余裕を持ったモテ男子に

以上が今回ご紹介したかった3つのポイントです。余裕は受け入れる力であり、包容力にも繋がります。

落ち着いた男性は女性からみるとかなり魅力的。ぜひモテるため、自分自身に余裕をもって自信をつけてくださいね!